FWJと一般社団法人フラワーワークスジャパンの略で、
私が所属してますフラワーアレンジメントの団体です。

フラワーワークスジャパンは「フラワーアレンジメントの資格取得と花で起業を目指す」
をコンセプトに多くのお花の先生などを輩出しています。

今回はこんな私でもアトリエを開校することができたフラワーワークスジャパンの仕組みと一連の流れをお伝えいたします。

資格コースには、生花とプリザーブドフラワーがありますがここでは生花についてです。 

そして生花の資格取得コースは、「教室開校コース」「花ギフトコース」「ウェディングコース」
がありますが、まずは「教室開校コース」についてお伝えいたします。

総合ベーシック1

総合ベーシック1はまず最初に習うフラワーアレンジメントの資格です。

「教室開校コース」「花ギフトコース」「ウェディングコース」のどのコースにすすむ場合でも最初にうけます。

*必須科目 5パターン4講座 合計20講座
   オールラウンド
  オーバル
  コーンシェイプ
  トライアンギュラー
  クレッセント

*選択科目10パターン中5講座選択
 コサージュ
 ラウンドブーケ
 花束ショートタイプ
 ギャザリング
  お祝いのフラワーギフト
  クリスマスアレンジ
  フレッシュフラワーリース
  フレッシュグリーンリース
  お正月アレンジ
  バンチアレンジ

*フリー講座 必須科目/選択科目の中から自由に5講座を選択
フリー講座は、5パターンの必須科目の中でもう一度復習したいアレンジメント、または
 選択科目の中でまだ作っていないパターンなどを選択できます。

*レッスン費(都度払いです)
  ¥7,700(税込)x30講座(花材費・講習費込) 

総合ベーシック1の30講座の受講が終われば1回目の試験を受けることができます。
試験は実技試験とペーパー試験があります。

試験代:実技¥11,000(税込) 学科¥3,300(税込)
認定費:¥55,000(税込)
実技:25分/必須科目よりランダムに1つ出題する
学科:45分

花仕事支援セミナー1

総合ベーシック1の試験に合格すると花仕事支援セミナー1を受けることができます。

花仕事支援セミナーとは、アレンジメントの技術以外の事
経営のマインドやマーケティングなどについて学びます。

第一講から第六講まであり、月に1回(約2時間)で半年かけて兵庫県西宮市の本校にて学びます。
(オンライン受講も可能です)

教室開校コース ベーシック2

花仕事支援セミナーを座学で学びながら、フラワーアレンジメントはベーシック2を習うことができます。
ベーシック2は花材が増えますが、ベーシック1が身についていると大丈夫です。

*必須科目 5パターン4講座 合計20講座
  スクエア
  ダイヤモンドシェイプ
  ファン
  Lシェイプ
  ホライゾン

*選択科目 10パターン中5講座選択
  バンチアレンジ (ベーシック1の選択科目より花材が増えます。)
  フレッシュフラワーガーランド
  クリスマスアレンジ
 (ベーシック1の選択科目より花材が増えます。)
  二段アレンジ
  フレッシュフラワーリース 
(ベーシック1の選択科目より花材が増えます。)
  フレッシュグリーンリース
 (ベーシック1の選択科目より花材が増えます。)
  果物と花
  トピアリー 
  お正月のアレンジ 
(ベーシック1の選択科目より花材の量が増えます。)
  バーティカル

*フリー講座
  必須科目/選択科目の中から自由に5講座を選択

*レッスン費(都度払いです)
  ¥8,800(税込)x30講座(花材費・講習費込) 

教室開校コースベーシック2の30講座の受講が終われば2回目の試験を受けることができます。
試験は実技試験とペーパー試験があります。

試験代:実技¥12,100(税込) 学科¥3,300(税込)
認定費:¥55,000(税込)
実技:25分/必須科目よりランダムに1つ出題する
学科:45分

花仕事支援セミナー2(教授法)

教室開校コース ベーシック2に合格すると花仕事支援セミナー2(教授法)を学ぶことができます。

西宮本校で全2回です。

内容は お花の仕入れの方法、教室の運営にあたっての事務関係、レッスンの進め方、生徒様に対する対応の仕方、などなどです。

ここまで終了すると、教室が開校できます!!

教室開校後も、フラワーアレンジメントの技術の向上をめざして

アドバンス1、アドバンス2と進むこともできます。

詳しくはフラワーワークスジャパンのホームページもごらんください。


 アトリエイングローズ  主宰 濱口圭子