Profile

講師紹介

講師について

こんにちは! イギリススタイルフラワーアレンジメント教室 アトリエイングローズの濱口圭子です。

イギリススタイルフラワーアレンジメントに出会うまで

私は子育てがひと段落した50代始めにぼんやりと「60歳過ぎたら何しようか?好きな事をしてすごしたいなあ。」と、考え始めました。
もともとお花は大好きで子育て中にもガーデニングはかなりはまりました。自分で庭の芝生を張ったりもしました。また生け花(未生流)も長く習っておりました。
お花の中でもバラが好きですが、自分にはバラを育てるのは難しそうで無理と思ってました。それでも家のリフォームを機に庭にも手を入れてバラを植えました。

バラを育て始めた頃から、すっかりバラの魅は力に取りつかれしまいました。優雅な香りと気品のある咲き姿、自宅の庭のバラは病気と虫との戦いですが、それがあってもお手入れの遣り甲斐があります。そしてやはりバラと言えばイギリスのイングリッシュガーデン!

バラを見にイギリスへいつかは行きたいなぁ と思ってイギリスについていろいろと調べているうちにイギリスも大好きになりました。定年後はバラとイギリスに関わりながら過ごしたいと思い始めておりました。バラの育て方をもっと勉強したり、イギリスの文化について学んだりと。そのころは私にとってイギリスはまだまだ遠い存在でイギリス映画を見たり、イギリスの小説をよんだり、(梅田阪急百貨店のイギリス展行ったり)でした。

フラワーアレンジメントを習いはじめて

もっともっとイギリスの文化に触れたいと思っていたそのころに“イギリススタイルフラワーアレンジメント教室アトリエフィーズ”をネット上で発見しました。先生はイギリスに何度も行かれていたので「この教室に行こう!!」と思いレッスンに通い始めました。先生からイギリスの話を色々と聞けるだろうと言う希望を持って。
アトリエフィーズにはイギリス製のテーブルやカップボードがあり、イギリスのインテリアもステキだと思いました。
私はその後すぐにイギリスやバラにかかわりたくてレッスンに励みました。最初は趣味でレッスンに通うだけで充分だと思っておりました

イギリスプチ花留学にも参加

アトリエフィーズにはすでに開校されてる先生方が何人かいらっしゃいました。そして、60歳からレッスンをはじめて開校された先生もいらっしゃり、先生方のお話を聞いているうちに、私でも開校できるかもと思い始めました。また、しっかりとした技術を身に付ける為にも資格を取得して開校を目指した方がいいかもしれないとも思い始めました。
そこで思い切って開校を目指すことにしました。そうです、定年後の夢にむかって!!2年前にはイギリスプチ花留学にも参加しました。

資格を取得いたしました

所属しているFWJ(フラワーワークスジャパン)では資格取得のためには試験に合格する必要があります。フラワーアレンジメントの試験って趣味の延長上みたいに思われるかもしれませんが、これがなかなか大変です。
人に技術を伝えるための資格を取得するのですから簡単なわけはありません。退職後には教室開講したいという思いはしっかりと持っていたので、退職前に無事に教室開校までの資格を取得いたしました。

2018年 アトリエイングローズオープン

そして定年後に普通の主婦の私が、2018年4月にアトリエを開校することが出来ました。フルタイムで働きながらの資格取得、また家族のイベント(子供たちの結婚や孫たちの誕生など)も盛りだくさんでこの3年間はかなり忙しかったです。
しかし退職後の今の充実感を思うと、忙しいからとかで諦めずに本当に良かったです。
そして2021年現在、来てくださる生徒様のおかげでアトリエ開校3年が過ぎました。

取得資格(一般社団法人フラワーワークスジャパン認定)

フレッシュフラワー ベーシック1,2   
フレッシュフラワー花ギフトコース ベーシック2
プリザーブドフラワー ベーシック1,2
プリザーブドフラワー花ギフトコース ベーシック2

所属団体

一般社団法人フラワーワークスジャパン